治療を受ける | 不眠症予防をした体を芯から温めよう〜スヤスヤおやすみTime〜

治療を受ける

体温計

腎臓の働きと腎臓が不全になった時の症状

人工透析は腎臓の機能が低下したり、機能しなくなった人が行う治療方法です。 腎臓は身体の老廃物を排出する機能になりますが、機能不全を起こすことで身体に老廃物を溜めこんでしまいます。 それは尿となって排出されることになりますが、尿が出にくくなったり、腎臓が完全な機能不全を起こした場合は尿が出なくなります。 そのため腎臓の機能を補うために人工透析をすることになり、血液中に溜まった老廃物を濾過して身体に戻します。 つまり人工透析とは、機械を使って腎臓の機能を補うことができる医療行為になります。 そして人工透析をするためには最初に泌尿器科を受診して、設備がある医療機関で行うことになります。 また人工透析をするためには、腕の静脈と動脈をつなぐ手術をしてから行うため、この手術ができる医療機関で診てもらうことになります。

人工透析を受けることになった時に希望を持つ必要性

人工透析は腎臓の機能を補う医療行為ですが、人工透析を受けないためにも腎臓の機能を守ることが大切になります。 腎臓は機能が低下してしまうと元に戻らない臓器になり、尿が出ない他に血圧が上昇したり、心臓の機能を低下させてしまうことがあります。 また水分が排出されないために、むくみや体重の増加という症状がでます。 このことから腎臓の機能を守る生活が大切になってくることが分かります。 しかし人工透析を受けることになっても悲観する必要はなく、現在では色々なことにチャレンジできるようになっています。 例えば、人工透析を受けることになると食事制限がありますが、現在では腎臓の機能不全に配慮した食事を宅配してくれるサービスがあります。 しかも塩分や摂ってはいけない成分に配慮しながら、美味しく食べることができるようになっています。 またスポーツや旅行も楽しむこともでき、旅行会社のツアーが開催されていることもあります。 もちろん腎臓の機能を守る生活を送ることも大切ですが、人工透析になったからといって悲観する必要はありません。 そして大切なのは、治療行為の向上があることを信じて、希望を持って生活を送ることが大切になります。